おうち成長記

一応建築士で2児の母の私が、自宅づくりを経て感じたことや、その後の暮らしを育む様子をお伝えします。

土地探しで注目したい5つのポイント!&見落とした4つの反省点

家を建てようと思い立つと
まず土地探しをはじめる
という方も多いと思います。


我々も家を建てようと思い立った際には、漠然と土地情報の閲覧をしておりました。


借りられるお金が明確になったところで本格的に土地探しを始めたのですが、

一生もしくは、人生の多くの時間を過ごすことになるかもしれない土地ですから、この土地探しのステップは特に慎重に行いたいものですよね。


今回は、我々が土地探しの際にチェックしたポイントと、チェックすればよかったポイントをまとめてご紹介します。


土地情報からチェックしたい5つのポイント


f:id:planterplantan:20170613235040j:plain
(放置自転車のおまけ付き物件)


色んな事が気になる土地探しですが、特に5つのことに注目して探しました。

・建ぺい率&容積率

建蔽率と容積率は、建築基準法の中でも有名なのではないでしょうか。

ざっくり説明すると、その土地に建てられる面積の制限を表しているのがこの2つです。

土地に対して建ぺい率・容積率が小さいと、希望している大きさの住宅が建てられない事態に発展しますから
最低でも30坪は建てられる土地を探しました。

・用途地域

用途地域とは、ざっくり説明すると住居・商業・工業等に都市計画によって土地の利用方を分けたものを言います。

住宅は工業系以外であれば建つのですが、住居系以外の地域の場合は、近隣の環境や治安が心配になるような建物が将来的に出来てしまう可能性も否めません。
ホテル、カラオケ、パチンコなどなど…

そんなわけで、なるべく住居系の地域内の土地を探しました。


・防火地域


日本のほとんどの住宅は、万が一建物が火事になった場合、近隣への延焼を防ぐために建物に耐火性能を持たせることが定められています。

その燃えにくさの規定は地域によって4段階に分けられていていて、建物が密集した場所ほど厳しい傾向にあります。

駅前や商店街等は一番厳しかったりします。


耐火性能は高ければ高いほど良いように思えますが、何にせよお金がかかります。


最近は窓に対する規制が特に厳しくなったので、大きな窓をつけたい要望が叶えられなくなったり、窓に対するコストが高くなったりする心配がありました。
(何にせよとにかくコストが気になる)

そんなこんなで防火地域には特に目を光らせて土地選びをしました。

土地購入時点では「法22条地域」でした。

(後日「準防火地域)に見直されました。この件に関しては、確認申請の際にひと波乱ありました。)


・家が建つ土地か?

適正価格の土地の場合、そこまで疑う必要は無いと思うのですが、本当に家が建つ土地かを確認するために以下の点も確認しました。

・接道しているか(幅員4m以上の道路に2m以上接しているか)

・市街化調整区域ではないか

・急傾斜崩壊危険区域内ではないか

余談なのですが、事務所で仕事をしている際に、木造住宅を希望している施主が急傾斜崩壊危険区域内の土地を購入していたことがありました。
結果的に土地の購入はキャンセルしたのですが
手付金(100万円ほど)は戻ってきませんでした。

100万円とは・・・怖い出費ですよね。


我々も予算的に木造住宅を希望していたので、そのような事例を踏まえて木造住宅が建てられる土地であるかも念のため確認するようにしました。

・ 地盤

その土地で調査しないとあまり意味がないのですが、安心材料として地盤の強さも調べました。

近隣の公開されているボーリングデータのチェックと、お隣さんの地盤データの情報も教えてもらいました。

横浜市の場合は建築局のホームページでチェックできますよ。



この他に、以下の要望に合った土地で更に絞り込みました。

・建築条件付きではない土地(依頼する工務店を決めていたので)

・車が2台とめられる

・日当たりがいい

・お隣と距離が近くない

・交通量の多い道路に面していない

・比較的新しい区画

・希望沿線エリア

・予算内



そんなこんなで、不動産屋さんから紹介された土地の中に一応要望を満たすものがありましたので、購入まで進むことになりました。


ざっくり表すとこのような土地です。
f:id:planterplantan:20170613234330j:plain
(風致地区のため、建物を建てる位置を制限する外壁後退が定められています)


これは反省。見落としポイント4つ

一応要望を満たした土地なのですが、ここをチェックしておけばよかったな~と思うところもあります。

・ゴミ捨て場遠い問題


f:id:planterplantan:20170613234601j:plain


住んでから切実にこの問題に気づいたのですが、ゴミ捨て場まで徒歩3分くらいかかります。
しかも上り坂なので、結構ゴミ捨てが大変。

ですから、量が多い時は田舎の人のように車でゴミ捨てに行っています。

近すぎても衛生的に気になりますが、遠すぎても大変ですね。

・小中学校遠い問題

土地探しをしていた時に長女のしめが1才代だったこともあり、幼稚園や学校の近さは全く考慮していませんでした。

ですから、小学校までは徒歩30分。
中学校は20分くらいかかります。

幼稚園はたまたま徒歩10分圏内にあったのでよかったです。

・虫とモクモク問題

お隣さんが山とみかん畑なので、虫がとにかく多いです。

それから、田舎あるあるなのですが近隣の人が敷地内ゴミを燃やすので、たまにモクモクしています。

もう慣れましたが、最初の1年はそれなりに辛い部分ではありました。

虫は今でもちょっとイヤです。慣れましたが。

・実家ちょっと遠い問題

子どもが小さいと特に、衝動的に実家を頼りたくなることってありますよね。

ですが、両実家共ちょっと距離がある(と言っても車で30分以内ですが)ので衝動的に頼るにはちょっと遠いな~と感じることがありました。


それから、商業施設が遠いですね。
おかげで無駄遣いは減りました。


気になるところもありますが、住めば都というのは本当で、だんだんと都になってきています。

土地見学の際にドン引きした途中のガタガタ道も…

f:id:planterplantan:20170613234802j:plain



f:id:planterplantan:20170613234832j:plain
住んでみるとちょっと好きになりました。



思いがけず準田舎地域に住むことになった我々ですが、それなりに楽しく暮らしております。

土地探しは慎重に行いたいものですが、ちょっとの欠点は住めば都マジック
いつの日かチャームポイントになることもお伝えできましたでしょうか。


長くなりましたが、最後までお付き合いありがとうございました!


合わせて読みたい関連記事⬇



しめ一家の家づくり①【きっかけ~土地購入編】 - ゆきしめ成長記

 

 


[しめ一家の家づくり②【プラン決め~確認申請 設計編】 - ゆきしめ成長記

 


しめ一家の家づくり③【地鎮祭~上棟式~竣工まで。工事中のあれこれ編】 - ゆきしめ成長記

 

 

 


しめ一家の家づくり④【完成編 やってよかったことなど】 - ゆきしめ成長記